03

南米

アルゼンチン

アルゼンチン

ブエノスアイレス,はなやかさのうらの子どもたち

 ぼくブエノスアイレスという町は,平和で美しくはなやかな町だと想像そうぞうしていた。そこには何の根拠こんきょもなく,「アルゼンチンの首都ブエノスアイレス」というひびきとイメージだけで想像そうぞうをしていた。

 もちろんブエノスアイレスは良い町だ。特にカラフルにいろどられたボカ地区は最高に美しく,人々ひとびとも陽気で,町を歩いているだけでウキウキワクワクしてしまう。中心部には高層こうそうビルがならび,沿岸えんがん部はしっかりと整備せいびされ,さすがは一国の首都!という町である。

 しかし,そこにはうらがあった。
 それはブエノスアイレスにかぎらない。世界の多くの町,特に大都市になればなるほど,そのうらには別の顔が存在そんざいする。
 それは「貧困ひんこん」という現実げんじつである。

 ぼくはパラグアイのエンカルナシオンという町からバスに乗り,陸路で国境こっきょうえてアルゼンチンに入国した。ちなみにこの「陸路の国境こっきょうえ」というものは日本にいるかぎり体験できないものなので,ぜひ多くの日本の若者わかものにも一度体験してほしい。「この線をえたら国が変わる」という現実げんじつを目にすると,なんとも言えない不思議な感覚を覚えると思う。宇宙うちゅうから地球をながめた宇宙うちゅう飛行士は「そこには国境こっきょうは見えません」と発言していたが,地上にはたしかに国境こっきょう存在そんざいするのだから。

 ブエノスアイレスのバスターミナルはとてつもなく大きい。それもそのはず,広大な南米大陸では縦横無尽じゅうおうむじんにたくさんのバスが行き来しているのだ。一国の首都のバスターミナルともなれば,かなりの数のバスが日々ひび発着しているのである。
 バスをりたぼくは,まずは宿泊しゅくはくする予定の安宿やすやどへ向かった。バスターミナルを出て中心部に向かって歩いているとき,ぼく驚愕きょうがくの光景を目にした。
 なんとバスターミナルの裏側うらがわには,大きなスラム街が広がっていたのである。
 「ブエノスアイレスのバスターミナル近辺は治安が良くないので注意すること」と,どこかのガイドブックに書いてあったことを思いだした。なるほど,こういうことだったのか・・・。

 「犯罪はんざいまれるわけにはいかない,注意して歩こう」そう思った矢先に起こったのが今回の話である。
 横断おうだん歩道で信号を待っているときだった。兄弟と思しき二人の男の子が,ぼくの目の前にあらわれた。

 かれらはぼくに向かって「マネー,マネー」と言いながら手を出してきた。物乞ものごいである。おそらくすぐ近くにあるスラム街に住んでいるのであろう。
 悲しい話でもあるのだが,このような物乞ものごいの子どもたちは世界中に存在そんざいする。当時,すでにアジアを中心に数多くの発展はってん途上とじょう国をおとずれていたので,変な言い方であるが物乞ものごいの存在そんざい対応たいおうにはれていた。ぼくかれらを相手にせず,そのままやりすごそうと思っていた。

 そのときだった。
 一人の男の子が,ぼくひざ蹴飛けとばしてきた。それもかなり強いりだ。
 目をそらしていたぼくはさすがにビックリした。足をられたので少し前かがみになり,「うお,何事だ?おれりを入れてきたぞ?」とおどろいていると・・・
 もう一人の男の子が間髪かんぱつ入れずにぼくの後ろのポケットに手を入れてきた。いつの間にか後ろに回っていたのだ。「あ,こいつら・・・!」と,かえりながらぼくが後ろのポケットの手をはらおうとすると,なんと!正面からりを入れてきた男の子がそのすきを見て,ぼくの前ポケットに手を入れようとしてきた。
 前ポケットには,左側に現金げんきん,右側にはデジカメが入っていた。いくらなんでもそれをられるわけにはいかない。直前で正面の男の子の動きに気づいたぼくはげしく手をはらい,強い日本語でののしった。
 「コラ,お前らいい加減かげんにしろ!」
 ぼくからスリをすることができなかったかれらは,そのまま立ち去っていった。あのチームワークの良さは,今思い返してみてもすごかった。きっと何度も同じ手で旅人からスリを働いてきたのだろう。

 正直,その一瞬いっしゅんは男の子たちにはらが立った。また同時に,何もられなくてよかったと安堵あんどしたのだが・・・。
 その後ぼくは考えた。ぼくはいったい何にはらを立てるべきなのだろう。
 かれらは間違まちがいなく,ぼく個人こじんうらみがあるはずはない。かれらは,はたして好き好んで強盗ごうとうまがいの行為こういをしているのだろうか。
 きっとそうではないだろう。生きていくために,やむにやまれず犯罪はんざい行為こういに手をめているのだろう。

 ぼくはたまたまブエノスアイレスという町でこのような事態じたい遭遇そうぐうしたのだが,同じような境遇きょうぐうの子どもたちは世界中に山のように存在そんざいしている。苦しい状況じょうきょうの中で生きている子どもたちは,この子たちだけではない。
 ぼく宿泊しゅくはくした安宿のオーナーに,この日の出来事を話してみた。このオーナーはアルゼンチンに数十年在住ざいじゅうしている,知る人ぞ知る日本人女性じょせいなのである。
 「アルゼンチン,特にブエノスアイレスにはたくさんの問題があるのよ。はなやかな町だと思った?とんでもない!課題はいっぱいあるのよ。」
彼女かのじょはそう話してくれた。そしてこう続けていた。「日本は本当にすごいのよ!安全だし,驚異きょうい的な経済けいざい発展はってんげてきたんだし。ここにまりに来る日本の若者わかものはみんな同じことを言うわよね。日本が素晴すばらしい国なんだって,旅をしてみて初めて分かったって。」

 ブエノスアイレスでの出来事は,あまりにも衝撃しょうげきが大きかった。とみとはなんだろう,貧困ひんこんとはなんだろう。日本では今のところ,ブエノスアイレスのような大規模だいきぼなスラム街が広がるような現状げんじょうではないけれど,先のことはだれにも分からない。若者わかものよ,これからの世界のことを一緒いっしょに考えていこう!

豆知識

アルゼンチン
アルゼンチン共和国
首都ブエノスアイレス
面積278万平方キロメートル(日本の約7.5倍)
人口4,298万人(2014年現在ねんげんざい
言語スペイン語

もっと知りたい!

ブエノスアイレス
アルゼンチン共和国の首都。同国のラプラタ川西側に位置する。
このラプラタ川流域りゅういきの大平原をパンパスとび,小麦と酪農らくのうさかんなんだ。
ブエノスアイレスは「良い風」という意味。
ブエノスアイレスのボカ地区はタンゴの発祥地はっしょうちと言われているよ。アルゼンチン・タンゴは世界的に有名だね。
エンカルナシオン
パラグアイの南東部,アルゼンチンとの国境こっきょう沿いにある都市。ふじもん先生もおとずれたトリニダー遺跡いせきは17〜18世紀にキリスト教の布教ふきょうのために建設けんせつしたイエズス会の集落村で,パラグアイ唯一ゆいいつの世界遺産いさんなんだ。
ブエノスアイレスの市バス
ブエノスアイレス市内は,路線バスが縦横無尽じゅうおうむじんに走っていて,24時間運行しているんだ。
その路線数はなんと150以上!系統けいとうごとに色分けされたあざやかな車体が市内を走っているよ。