02

南米

ブラジル

ブラジル

アマゾン川,はるかなる無の世界を下る。

 「南米」と聞いて真っ先におもかぶ国と言えば,ブラジルだという人も多いのではないだろうか。地球上で日本から最も遠い国の1つであるこのブラジルだが,かつては多くの日本人がこの国にうつんだ歴史もあり,日本との関係は非常ひじょうに深い上に日本人への感情かんじょうもとても良い。

 そんなブラジルを語る上で,欠かすことのできないシンボルがある。それは言わずと知れた大河川かせんアマゾン川である!アマゾン川と聞くとブラジルだけをおもかべる人も多いと思うが,エクアドルやペルー,コロンビア,ボリビアなどなど,実に多くの国を流れているのである。さすがは世界最大の流域りゅういき面積をほこ大河たいがだ。

 南米を旅していたぼくは,このアマゾン川には真っ先に行こうと決めていた。もちろん見るだけではなくリアルな体験を求め,事前に調べてみると,かなり上流からアマゾン川を船で下ることができるという情報じょうほうを入手した。そして,ぼくにはもう1つ,行ってみたい南米の小さな町があった。それはアマゾン川の上流に位置する町イキトスである。このイキトスは,他の町から道路がつながっておらず,船で行くか飛行機を使用するしかないという,まさに「陸の孤島ことう」とも言うべき町なのだ。

 ぼくはこのイキトスから船に乗り,アマゾン川を下っていこうと決めた。アマゾン川中流いきに位置するブラジルの大都市マナウスを目的地とし,ボートにむ。途中とちゅうでコロンビアを経由けいゆし,その行程こうていは5はくわた壮大そうだいな川下りである。
 ちなみにイキトスからマナウスまでの直線距離きょりは,日本地図でえると,なんと東京から北海道最北端さいほくたん稚内わっかないまでの距離きょりとほぼ同じである。別の地名でいうと,西方向では韓国かんこくのソウル,南方向ではなんと奄美大島あまみおおしまにまで到達とうたつしてしまう。それだけでも,アマゾン川がいかに大きな川であるかが想像そうぞうできると思う。

 みなさんは,アマゾン川と聞いてどんなことをおもかべるだろうか。手つかずのジャングルが目の前に広がり,冒険ぼうけんに心おどるようなイメージだろうか。巨大きょだいへびやワニやピラニアが生息する危険きけんとなわせのイメージだろうか。ぼくが感じたアマゾン川,それをひと言で例えるならば,ただひたすらに「無」の広がる世界だったのだ。

 ペルーからコロンビア,そしてブラジルに入国したぼくは,ボートから大きなフェリーにえ,一路マナウスを目指した。購入こうにゅうしたのは,当然一番安いチケット(ふじもん先生のお約束)。この最安のチケットだと,なんとる場所がない。ではどうするかというと……そう,写真のように,みんな空いているスペースにハンモックをかけ,そこでねむるのである。

一見するとワイルドに見えるかもしれないが,これがまたチョー心地良い!そしてこのハンモックとアマゾン川の景色が,無限むげんの「時の流れ」を教えてくれる。船の上には何もない。ただひたすらに,ハンモックの上でのんびりするしかないのだ。外をながめてみる。そこには無尽蔵むじんぞうに広がる熱帯雨林と,茶色くにごったアマゾン川の水が悠々ゆうゆうと流れている。

 ふとウトウトし,時計を見てみる。30分ほど時間がっていた。しかし目の前に広がるアマゾン川の景色は,何も変わらない。この船は本当に動いているのか?そんな疑念ぎねんすらいてくる。
 アマゾン川の流れとは,そういう世界なのだ。それほどまでに,広大な世界なのだ。無限むげんの「時の流れ」とはるかなる「無」が,そこには存在そんざいしていた。

 みなさんはTVもゲームもマンガも本も無く,外へ遊びに行こともできない日が続くとしたら,どんな風にごすだろうか。面白いことに,ぼくはそんな世界に身を置いていると,さまざまなことが頭をよぎるのである。良いことも悪いことも,過去かこのことも未来のことも,思い出したくもない昔の思い出も,ワクワクするような自分のゆめも……。
 その感覚は,ぼくには瞑想めいそうに近いように感じられた。目の前に広がるはるかなる大自然の中で自分の無力を感じ,ただひたすらそこに自分の心を置く。簡単かんたんなようでそれはおそろしいほどにむずかしく,不思議な感覚におそわれるのだ。
 ぼくは,みなさんにもそういう世界に一度は身を置いてほしいと思っている。いそがしい日本に生きていると,今の自分のり方を問う機会やこれからの自分を見つめる時間なんてなかなか持てない。ぼくはこのアマゾン川の流れの上で,「自分」というものをいやというほど考えさせられた。

 別にだれかに命じられているわけではない。しかし,アマゾン川の流れに身を委ねていると,自然と自分自身と向き合わされてしまう。モノがあふれる日本でこんな経験けいけんはないだろう。そして,グローバル化や国際化こくさいかさけばれているこの時代だからこそ,自分と向き合う時間が重要だとぼくは思っている。グローバルな時代だからこそ,大切なものは足元にあるとぼく確信かくしんしている。アマゾン川の「無」の時間は,大切なことをぼくに教えてくれた。

 アマゾン川中流の大都市マナウスでぼくは船をりた。マナウスはかなり大きな町で,今までのアマゾン川の「無」の世界とはちがい,人々ひとびとが生活するためのエネルギーが市場にあふれている。アマゾン川は,流域りゅういきらす人々ひとびと恩恵おんけいあたえ続けているのだ。そして日本ではほとんど知られていないが,このマナウスにもたくさんの日本人移住者いじゅうしゃらしており,マナウスの農業の発展はってんに多大なる貢献こうけんをしてきたという。
 マナウスには,なんと柔道じゅうどう教室まである。ぼく柔道場じゅうどうじょうを見学させていただいたのだが,稽古けいこの後,指導しどうをしている先生とお話をすることができた。
 「日本から遠くはなれたマナウスの地で柔道じゅうどうを教えることの意味とは何なのでしょうか?」ぼくは思い切って,そんな質問しつもんをぶつけてみた。すると先生からは,こんな答えが返ってきた。
 「ぼくはね,日本の『道』を伝えていきたいんだ。マナウスの日系人にっけいじん若者わかものも,かなり多くの人が日本語を話せなくなってきている。だからこそ,ぼくは日本の心を残していきたいんだよね。」
 そして,こんな話もしてくれた。「しかし最近の若者わかものは,ものを大切にしなくなった。ぼくがマナウスに来たときは,本当に何もなかったんだ。目の前のもの1つひとつを大切にする気持ちも,柔道じゅうどうを通じて教えていきたいんだよなぁ。」と。
 それはシンプルな話だったが,その内容ないようは深かった。はるかなるアマゾンの地でも,ぼくは日本の存在そんざい,日本人のり方を深く問いかけられた気がした。

 アマゾン川の流域りゅういきの町では,どこでもアマゾン川ツアーを開催かいさいしている。その気になれば個人こじんでもアマゾンの奥地おくちへ入ることは不可能ふかのうではないと思うが,それはかなり危険きけんである。
 なぜなら,アマゾンに広がる密林みつりん想像そうぞうぜっする規模きぼであり,道標も何もない。さらに,日本では想像そうぞうもつかないような生き物や危険きけんな虫(特にマラリアを媒介ばいかいする吸血きゅうけつせいのダニなどには要注意)も数多く存在そんざいする。場所にもよるが,川の中にはワニやピラニアも生息している。
 目を見張みはるほどの美しい大自然と同時に,そんな危険きけんせい存在そんざいしているのがアマゾンである。なので,しっかりとしたガイドと共に奥地おくちへ入っていくのがよい。

 はるかなる「無」と同時に,色々いろいろなアクティビティも楽しめるのがアマゾン川。ピラニアりをしたり,川イルカと泳いだり,なんとワニりまで楽しめる。また,小型の船でジャングルの奥地おくちまで入っていくことも可能かのうだ。ちなみにぼくはジャングルの奥地おくちの夜で,気がくるいそうになるほどの大群たいぐんに苦しめられたが……,そんな大自然での体験こそが本当に貴重きちょうな人生のかてになっている。

 さまざまな顔を持つアマゾン川。「よし,明日行ってみよう!」というわけにはいかない場所ではあるが,アマゾン川は本当にたくさんのことを教えてくれる先生なのだ。
 一方で,わたしたちは知っておかなければならない。このアマゾンの熱帯雨林がすさまじいいきおいで破壊はかいされている現実げんじつを。そしてそれは,わたしたち日本のような先進国といわれている人々ひとびとの生活に深く深く関わっているということを。

豆知識

ブラジル
ブラジル連邦れんぽう共和国
首都ブラジリア
面積851.2万平方キロメートル(日本の22.5倍)
人口約2億40万人(ブラジル地理統計とうけい推定すいてい、2014年)
言語ポルトガル語

もっと知りたい!

アマゾン川
南アメリカ大陸のアンデス山脈をみなもととして,大西洋に注ぐ大河たいが流域りゅういき面積は,約700万平方キロメートルで世界最大。日本の国土面積の18倍にもなるんだ。多くの支流しりゅうを持ち水量も世界一。高温多湿たしつの熱帯雨林を流れており,雨季(12月〜5月)と乾季かんき(6月〜11月)では水位が10mもちがうんだよ。
マナウス
マナウスはアマゾン川の河口かこうから1500キロメートル上流にあり,アマゾン川流域りゅういきでは最大の都市。主に商業が中心の街で19世紀後半から天然ゴム採集さいしゅうの中心地として繁栄はんえいしたんだ。現在げんざいのマナウスは人口200万人以上の大都市に成長して,日本からはヤマハ,パナソニック,ソニーなど約40社の日本企業きぎょうも進出して,ブラジルにおける日本企業きぎょう拠点きょてんになっているんだ。