01

中東

パラグアイ・ボリビア

パラグアイ・ボリビア

なぜ?こんなところに日本人が!~地球の裏側うらがわの日本人のたましい

 日本から見ると地球の正反対にある国,パラグアイ。日本から行こうと思ったときに,地球上で最も遠い場所にあるこの国に,日本人移住者いじゅうしゃのコミュニティがあることをどのくらいの人が知っているのだろうか。

  • パラグアイとブラジルを隔てる国境の橋
  • イグアス居住区に向かうバスの中
  • イグアス居住区にある日本語の看板

パラグアイは陸地に囲まれた海岸線を持たない国,いわゆる内陸国である。ぼくはブラジルのフォズ・ド・イグアス(あの有名なイグアスのたきがある町)からパラグアイに陸路で入国した。日本では考えられないことだが,国境線こっきょうせんは一本の川の上にある。その中央には,ブラジル,パラグアイとそれぞれ書かれており,ここが国同士のさかいであることがよく分かる。

 「フォズ・ド・イグアスからパラグアイに行くのかい?だったら,イグアス居住区きょじゅうくたずねてみな。たくさんの日本人がいるから,きっとビックリするよ!」ブラジルでそんな情報じょうほうを聞いていたぼくは,パラグアイ側にあるブラジルとの国境こっきょうの町,シウダー・デル・エステからバスに乗り,一路西へ向かった。

「42km地点でりたいと言えばバスの運転手はすぐ分かってくれるよ。」ぼくは聞いた通りに運転手に伝えた。運転手は親指を立て,すぐにぼくの行きたい先を理解りかいしてくれた。
予定通り,42km地点でぼくはバスをりた。するとそこには,とても奇妙きみょうな光景が広がっていた。あちこちに存在そんざいする日本語の看板かんばん,そして日本語の案内表示ひょうじ。どこまでも広がる赤土の大地の上に存在そんざいする日本語は,なんとも不思議な感覚をあたえてくれる。

  • 日本語で書かれた運動会の看板
  • どこまでも広がる広大な大豆畑
  • ラパス地区の日本語学校の子どもたち

町中を歩くと,ぼくはさらにおどろかされた。町の中心部にある学校で運動会が開かれていたのだが,なんとそこには大きな日本語の看板かんばんが・・・! そう,ここは日本語学校なのである。「日本語の文化を後世に残したい」という,日本人移住者いじゅうしゃの熱い想いの下に作られたこの学校では,日系人にっけいじんの子どもたちが日本語を学んでいる。その歴史は50年にもおよぶ。

 ぼくはすっかり,日本人移住者いじゅうしゃ魅力みりょくにとりつかれてしまった。「かれらの歴史や現状げんじょうをもっと知りたい。もっと移住者いじゅうしゃの方と話がしてみたい。」そんなことを考えるようになったぼくは,幸運なごえんをいただいて,さらに別の移住者いじゅうしゃが住む日本人居住区きょじゅうくでファームステイをさせていただけることになった。

 その名もラパス日本人居住区きょじゅうく。アルゼンチンとの国境こっきょうにもほど近いラパス居住区きょじゅうくでは,イグアス居住区きょじゅうくよりもさらに広大な土地の中にたくさんの日本人が住んでいるのだ。

 かれらと寝食しんしょくを共にさせていただきながら,ぼくはラパス居住区きょじゅうくをあちこち訪問ほうもんした。日本人のご家庭,日本食のレストランや居酒屋いざかや,日本語学校,そしてなんと日本人の老人ホームまで・・・。すべてが新鮮しんせんで,すべてが衝撃しょうげきだった。まさか地球の反対側で,日本語の歌をカラオケで歌いながら日本食を食べ,日本酒を飲み,日本人と楽しく日本語でおしゃべりするなんて想像そうぞうもしていなかった。
たくさんの「地球の反対側の日本」との出会いがあったが,ぼくの心に一番さったのは,移住いじゅう一世とばれる,初代の移住者いじゅうしゃ方々かたがたのお話だった。

  • ラパス居住区にある老人ホーム
  • 日本人のご家族とのお誕生日会
  • ボリビアの日本人居住区,サン・ファン地区のご家族と

 移住いじゅうの歴史が浅いパラグアイやおとなりのボリビアには,まだまだ移住いじゅう一世の方がご存命ぞんめいなのである。そんなかれらのお話は本当に強烈きょうれつで,時になみだしそうになるほどのものであった。
ジャングルをその手1つでひらき,農地を開拓かいたくし,そして成功をおさめていったその歴史・・・。だれたよるのでもない,たよれるのはおのれの身体1つ。原生林には猛獣もうじゅうもおり,大量の虫と戦い,現地げんちの言葉であるスペイン語を身に付け,今のぼくたちには想像そうぞうもつかないようなご苦労をされて,現在げんざいの日本人コミュニティをつくり上げてきたのである。

 ぼくはすっかり,日本人移住者いじゅうしゃ魅力みりょくにとりつかれてしまった。「かれらの歴史や現状げんじょうをもっと知りたい。もっと移住者いじゅうしゃの方と話がしてみたい。」そんなことを考えるようになったぼくは,幸運なごえんをいただいて,さらに別の移住者いじゅうしゃが住む日本人居住区きょじゅうくでファームステイをさせていただけることになった。

 ぼくは言葉を失いながら,その話に聞き入っていた。そして,かれらは日本に住むぼくたち日本人よりも,はるかに「日本人」であるとぼくは感じた。
どうしてぼくがそう思ったのか。それはかれらが持っている「日本人としての意識いしきの高さ」にきる。移住者いじゅうしゃ方々かたがたの「日本」を愛する気持ちは本当に強い。それは言葉であり,食であり,生活習慣しゅうかんであり,そのすべてをふくんでいる。かれらはそれらに強いほこりを持ち,愛し,後世につないでいるのである。
日本に住んでいると,それらはすべて当たり前に存在そんざいするものであり,特別な感情かんじょうくことなどほとんどない。だが,日本から最も遠い南米大陸に移住いじゅうし,すべてをゼロから開発していった移住者いじゅうしゃ方々かたがたにとっては,それらはたましいどころだったという。
あるおじいさんが言っていた。「最初は日本に帰りたいと思ったよ。でも,おれたちは日本人としてこの地にやってきた。簡単かんたんには帰れない。おたがいにはげまし合い,助け合い,ここまでやってきた。同じ国から来た仲間のきずなは本当に深いんだ。」と。
かれらは日本の文化と日本人の仲間を心から愛し,本当にほこりに思っている。それこそが,日本人としてのたましいなのだろう。

 しかし続けて,こんなことも言っていた。「今の日本は大丈夫だいじょうぶかい?おれたちは毎日日本のニュースを見ているけど,心配でならないよ。」

 どうしてそう思うのか,ぼくたずねてみた。するとその答えは,「今の日本の若者わかもの意欲いよくはあるのかい? ニートとか引きこもりという言葉をよく見るし,自殺者も多いと聞く。おれたちは,生きるか死ぬかの思いでこの地で生きてきた。だから,今の日本はどうなっているのか,心配でならないんだよ。」というものだった。
ぼくは深く考えさせられた。ぼくはこれまで日本人として生きてきたけど,日本人であるとはいったい何なのだろう。そして,今の日本に欠けているものとは何なのだろう,と。
地球上で最も日本から遠いパラグアイには,地球上で最も熱い日本人が住んでいる。ぼくはそう感じた。たしかに気軽におとずれることができる場所ではない。しかし,ぼくはぜひとも多くの方に,この南米の日本人居住区きょじゅうくおとずれてほしいと思っている。
この地がぼくたちに教えてくれることはあまりにも多い。それは,ぼくたちがわすれかけている大切なものを,ふたたび思い出せてくれるのではないだろうか。

 この記事を読んで,パラグアイや南米に興味きょうみを持ってくれる人がいたら,ぜひ将来しょうらい,一度その地をんでみて下さい。きっとそこには,想像そうぞうをはるかにえた感動と学びと衝撃しょうげきが待っていてくれるにちがいありません!

豆知識

ボリビア・パラグアイ地図
※2014年 世界銀行資料しりょうより
パラグアイ共和国
首都アスンシオン
人口692万人(2014年現在ねんげんざい
言語 スペイン語,グアラニー語
ボリビア共和国
首都ラパス
人口1,005.9万人(2014年現在ねんげんざい
言語スペイン語,ケチュア語など36言語

もっと知りたい!

イグアスのたき
南米アルゼンチンとブラジルの国境こっきょうをなす世界最大のたきはばは約4㎞,高さ約80mで,世界最大の落差があるんだ。
たきの両側は国立公園に指定され,世界遺産いさんに登録されているよ。
「イグアス」は,先住民族のグアラニ族の言葉で「大いなる水」という意味なんだ。
日本人移住者いじゅうしゃ
農業をいとなむ多くの日本人は,国土のせまい日本をばなれ,広大な土地を持つ南米へ移住いじゅうしたんだ。1936年にパラグアイへ最初に移住いじゅうした人たちは,現地げんちの人の協力も得られず,当時は何も無い土地で,森を切り開いて,作物を育てるには,想像そうぞうぜっする苦労があったというよ。でも,まじめに働く日本人の姿すがたは,次第に現地げんちの人に受け入れられていったんだ。
2016年は移住いじゅうしてから70周年をむかえ,現在げんざいでも約5,600人の日本人と日系人にっけいじんが住んでいるよ。
世界第4位の大豆輸出ゆしゅつ国(2014年現在ねんげんざい
農業で移住いじゅうした日本人は大豆の栽培さいばいを初めて行い,それを大規模だいきぼに生産,栽培さいばいできるようにしていったんだ。
今では,その方法がパラグアイ全土に広まり,大豆の生産で世界第6位,輸出ゆしゅつは世界第4位の国になったんだよ。
地球の裏側うらがわでも日本人が活躍かつやくしているんだね。
ページトップ,トップページへ